経験を元に、独自の目線でアニメ、映画、漫画の感想を書いているブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんちゃん可愛い!
1357745905909_convert_20130111122631.jpg
京都アニメーションのオリジナルということで、ネットでも今期の注目作品の一つとして挙げられていましたが、実際に視聴してみると、いつもながらの作画の綺麗さに安心感がありましたが、『氷菓』や『中二病』のようなインパクトのある演出がなかった事と、淡々と進む話の展開に全体的にインパクトの欠ける一話だったように感じます。しかし作品の雰囲気と登場キャラクターがとても自分好みだっただけに、今後楽しみに視聴したいと思えました。

ストーリーとしては南の国から来た(運ばれてきた?)モチマッゾィとの出会いから、たまこが色々巻き込まれていくような感じでしょうかね。しかしまあクシャミが求愛のサインって酷すぎるでしょう。南の国だと安易にクシャミ一つ出来ないのかと思うと、ちょっと怖いです。一話はモチマッゾィがただモチを食べてるしかなかったので、しかも食べ過ぎて飛べなくなってるし(笑)『飛べない豚はただ豚さ』というセリフを引用すれば、『飛べない鳥はただのマスコット』に成り下がってしまったわけで、本当今後どうなるやら。まあ、とりあえず気になったのが、12月31日にたまこに商店街の人たちがプレゼントを渡せなかったからといって帰ってしまったこと。いや、そこは日にち変わってでも渡してあげようよって思ったのは自分だけなのでしょうか?気持ちの問題だし、日にちこだわらず渡してあげようよ...。それか12月31日じゃあないと渡せない理由があるのでしょうかね。せめてもち蔵ぐらいはたまこのこと好きなんだし、渡してあげても良かった気がします。

この作品の注目すべき所は登場人物の多さになるのですが、公式サイトが相関図を出してるだけに群像劇にとても期待したい所です。基本はたまこを中心としたストーリーが展開されると思うのですが、出来るだけモメてほしいなと思うわけです(笑)商店街という確実に一悶着が起こりそうな場に、たまこがどう巻き込まれていくのか、それに周囲の人間がどう絡みまくるのか、多分、場を掻き乱すのがモチマッゾィの仕事となると思うので、頑張って人を巻き込むことに努めてほしい。あと南の王子達をどのタイミングで登場させるのか、声優に下野さんを起用してる所を見ると、早めの登場もありそうなんですけどね。とりあえず、この作品の面白さはどれだけモメさせるかにかかっているように思います。

登場キャラクターはどれも印象的なのですが、日高さんが演じるあんこちゃんが群を抜いて可愛かったですね。家に帰ってきて、お餅を食べる姿は何とも言えない可愛さがありました。あんこちゃんの下着姿を見せる銭湯シーンなんてどれだけ視聴者サービスしてくれるんだ!と思うほどです。『あんと呼んで』って言う所を見るとあんこという名前にコンプレックスがあるんだろうなと思うのですが、またそこが可愛くて仕方ないです。小野さんが演じるフローリスト・プリンセスも想像以上の色気があり、キャラクターとのマッチ感がとても良かったです。今は清楚な雰囲気ですが、そこからどう崩してくるのか、または男を垣間見せてくれるのか楽しみになります。主人公のたまこを担当された洲崎綾さんですが、初めての出演作品となるようですが、違和感なく演じられおられ、個人的に声質が好きなだけに今後も応援したい声優さんの一人になりましたね。たまこはあの寝癖みたいな何本か出てる髪がいい感じで、公式サイトで絵で見た感じだと地味な印象でしたけど、実際に動いてる所を見ると、思っていた以上に個性を感じられ好きになりました。銭湯シーンでモチマッゾィを投げるシーン可愛かったな...。他にも登場人物に触れ出すとキリがないけど、あと注目したいキャラはレコード屋の主人かな。フレーズ好きな自分としては『コーヒーは苦い でもそれは生きる苦さを味わいに変える為』ってセリフがとても印象的で、これからそんなセリフをどんどん言ってくれるのかと思うと楽しみでテンションが上がります。

今回の好きなシーンでいうと、レーコド屋でたまこがコーヒーを飲むシーンです。主人がさっき書いたセリフを言って牛乳を渡し、受け取ったたまこがコーヒーに入れる。それはたまこ自身がまだ生きる苦さを知るにはまだ未熟であることを表現されているように感じられて、ここからどうたまこが心の成長を遂げていくのか、作品の最後にはコーヒーのブラックが飲めるようになっているのか、とても気になりますね。

さて、登場人物が多いとそれだけ風呂敷を広げることになってしまうのですが、どういう結末に持っていくのか、それは京都アニメーションの手腕の見せ所かなと思います。前期の『中二病』が後半がシリアスな展開だっただけに、今回はコメディであってほしいのですが、ただ気になるのがレコード屋でたまこが話していた母親の歌っていた曲探しを、どういう展開に持っていくのかという所。作品の雰囲気としてはシリアスな展開は合わないように感じるので、どうしても不安になってしまいますね。

さて、不安でありつつも今後も楽しみです。それでわ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
↑押して頂けると励みになります。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

【2013/01/11 12:37】 | たまこまーけっと
トラックバック(25) |
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。